経歴


 小説家。1964年東京都生まれ。

1995年「影をめくるとき」が群像新人文学賞小説部門優秀作に。

 

「活版印刷三日月堂」(ポプラ文庫)、「菓子屋横丁月光荘」(ハルキ文庫)、「紙屋ふじさき記念館」(角川文庫)、「言葉の園のお菓子番」(だいわ文庫)などの文庫シリーズを手がける。

 ほか『まぼろしを織る』(ポプラ社)、『東京のぼる坂くだる坂』(筑摩書房)、『金継ぎの家 あたたかなしずくたち』(幻冬舎文庫)、『三ノ池植物園標本室(上・下)』(ちくま文庫)、児童書「ものだま探偵団」シリーズ(徳間書店)など。

 

自主企画として、活版印刷や和紙を使った本やグッズを制作。

オンラインショップ・文学フリマ・印刷博物館などで販売。

 

2020年より、オンライン文芸コミュニティ「星々」を運営。

140字小説コンテスト、短編小説コンテスト、小説創作講座などを開催。

 


著作


新刊

2024年に出版された本

 


活版印刷三日月堂シリーズ(ポプラ文庫)

川越の町にある小さな活版印刷所「三日月堂」をめぐる連作短編シリーズ。

 


菓子屋横丁月光荘シリーズ(ハルキ文庫)

川越・菓子屋横丁に立つ古民家「月光荘」を舞台に、古い家や養蚕にまつわる世界を描くシリーズ。

 


紙屋ふじさき記念館シリーズ(角川文庫)

日本橋にある「紙屋ふじさき記念館」を舞台に、和紙の世界を描くシリーズ。

 


言葉の園のお菓子番シリーズ(だいわ文庫)

現代連句の世界を描くシリーズ。

 


ものだま探偵団シリーズ・文庫版(徳間文庫)

「もの」に宿る「ものだま」たちの引き起こす事件を小学生探偵が解決していくシリーズ。

 


ものだま探偵団シリーズ・児童書(徳間書店)

「もの」に宿る「ものだま」たちの引き起こす事件を小学生探偵が解決していくシリーズ(児童書・単行本)。

 


シリーズ以外

オンラインショップ。

 

 

ほしのたね、lotto140、爆弾低気圧との合同企画。読書と創作のワークショップ、140字小説コンテストなど。

 

フェリスの教え子たちの文芸サークル。

 


父・小鷹信光の単行本未収録の著作物。

 

 

よみうりカルチャー大森の140字小説講座受講生のサークル。「はまぐりの夢」を発行。

 

池袋コミュニティカレッジの小説講座受講生のサークル。