新刊『活版印刷三日月堂 海からの手紙』が刊行されました。

『活版印刷三日月堂 海からの手紙』が刊行されました。

昨年出た「星たちの栞」の続編になります。

活版印刷三日月堂 海からの手紙

活版印刷三日月堂 星たちの栞

 

「星たちの栞」では、祖父の営んでいた印刷所・三日月堂に帰ってきた弓子が、三日月堂を再開、それから1年の出来事を書きました。

「海からの手紙」は三日月堂2年目の物語になります。

今回のお客さんは、二十代の女性、小学五年生の男子、三十代の女性、四十代の男性。

弓子の祖父の代のころの話も出てきます。

 

 

「星たちの栞」(初刷り)と並べてみるとこんな感じです。

ちなみに帯を取るとこんな感じ↓

中村至宏さんの装画がとても美しいです。

 

 

三日月堂シリーズ、実は3巻構成を考えています。

1巻で営業を再開した三日月堂が、2巻で祖父のころのことを振り返り、3巻でさらに新しい場所を探していく。

そんな形にできたら、と思ってます。

 

まずは2巻を、どうぞよろしくお願いします!

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    おおさわ (土曜日, 18 3月 2017 23:26)

    2巻も素晴らしかったです!3巻までと言わず、ずっと続けて欲しいです!

  • #2

    ほしお (日曜日, 19 3月 2017 09:27)

    ありがとうございます!
    まずは3巻目、がんばります!

lotto140 140字小説講座受講生の創作サークル

ほしのたね 教え子たちの文芸創作サークル

連なる楽しみ 連句ブログ

小鷹信光PBスクラップブック 父・小鷹信光の単行本未収録の作品集サイト