『菓子屋横丁月光荘 歌う家』が刊行されました

8月9日、『菓子屋横丁月光荘 歌う家』(ハルキ文庫)が刊行されました。

角川春樹事務所の「ランティエ」で連載していたもので、三日月堂と同じ川越が舞台の物語です。

 

主人公は、家の声を聞くことができる大学院生・遠野守人。

指導教授の紹介で、川越・菓子屋横丁の近くにある古い家の住み込み管理人になり、引っ越してくる。

家の声を通してその家に宿る過去の記憶に触れることで、守人も少しずつ変わっていく……というお話です。

 

三日月堂と違い、家の声を聞く、という少しファンタジックな要素が入っていますが、それ以外は現実的な物語。

怪談ではないので、怖くはないですよ。

 

今回はふたつのお話が入っていますが、今後も続きます。

秋から「ランティエ」で連載が再開しますので、よろしくお願いします!