新刊『紙屋ふじさき記念館 春霞の小箱』

「紙屋ふじさき記念館 春霞の小箱」が出ました!

 

このシリーズもついに5巻目。

記念館の閉館が迫るなか、百花は夏休みのサークル遠足で紙の産地・東秩父と小川町を訪れたり、正月の「楮(かず)かしき」に参加したり、和紙に関する知識を深めていきます。

川越の墨流し職人とのワークショップや三日月堂との活版冊子作りの企画が動きはじめ、閉館イベントの準備を始めるものの、予想外の事態に……。

 

川越の町や三日月堂もふたたび登場します。

表紙は川越の大正浪漫夢通りです!

 

カバーイラスト おかざきおか

カバーデザイン 西村弘美

 

オンラインショップ。

140字小説活版カードと三日月堂グッズ。

 

ほしのたね、lotto140、爆弾低気圧との合同企画。読書と創作のワークショップ、140字小説コンテストなど。

 

フェリスの教え子たちの文芸サークル。

 


父・小鷹信光の単行本未収録の著作物。

 

 

よみうりカルチャー大森の140字小説講座受講生のサークル。「はまぐりの夢」を発行。

 

池袋コミュニティカレッジの小説講座受講生のサークル。