新刊「言葉の園のお菓子番 見えない花」(だいわ文庫)

3月12日、『言葉の園のお菓子番 見えない花』(だいわ文庫)が出ました!

連句をめぐる物語です。

書店員の職を失った一葉は実家に戻り、亡き祖母の遺品から祖母の趣味だった連句のノートを見つける。生前の祖母は「ひとつばたご」という連句会に属し、毎回連句の席に季節のお菓子を持っていっていたらしい。祖母の代わりにお菓子を持って連句の席に向かった一葉は、メンバーに迎え入れられ、連句に参加することになる。

複数の人が集まり、五七五と七七の句を繋いでいく連句という遊び。一葉はしだいに夢中になり、連句のメンバーとともに祖母の記憶をたどりつつ、あたらしい道を探しはじめる……。

 

わたし自身、20代後半から連句をはじめ、楽しさに取り憑かれました。

離れた時期もありましたが、いまもときどき連句を巻いています。

むずかしそうに見えるルールもありますが、連句はじめての主人公・一葉とともに連句の世界を楽しんでいただけたら、と思います。

 

カバーデザイン・田中久子

カバーイラスト・青井秋

オンラインショップ。

140字小説活版カードと三日月堂グッズ。

 

ほしのたね、lotto140、爆弾低気圧との合同企画。読書と創作のワークショップ、140字小説コンテストなど。

 

フェリスの教え子たちの文芸サークル。

 


父・小鷹信光の単行本未収録の著作物。

 

 

よみうりカルチャー大森の140字小説講座受講生のサークル。「はまぐりの夢」を発行。

 

池袋コミュニティカレッジの小説講座受講生のサークル。